会員ログイン

水頭症

※検査を受ける施設・検査内容・オプション・ペットの体重などにより料金は変動します。詳しくは、各施設でご確認ください。

  • MRI

チワワ 10歳・去勢雄・3.3kg

【主訴】

10日前より後肢に力が入らない。ステロイドとビタミン注射、レーザー治療で通院していたが改善なし

【所見】

頚胸部MRI検査では、以下の箇所で脊髄圧迫所見を認める。
○C2-3:腹側から中等度、造影増強あり
・C2椎体中央:左右神経根により軽度の脊髄圧迫の可能性(神経根炎の可能性)
・C3-4:右腹側からごく軽度
・C5-6:腹側から軽度
・C6-7:腹側右寄りから軽度
・T12-13:腹側から中等度
◎T13-L1:左腹側から重度、椎間前後に限局的、脊髄実質に損傷の可能性
・L1-2:右腹側から中等度
・L2-3:左腹側から中等度
頭部検査では、脳実質内に炎症・梗塞・腫瘍などの器質的変化を疑う所見は認められない。 側脳室には左右差があり(右>左)、脳室拡大の指標であるVB値は39.7%である(正常:14%以下、重度拡大:25%以上)。透明中隔は欠損している。四丘体槽はやや拡大傾向に見受けられ、小脳は尾側に軽度圧排されている。その他、左鼓室胞背側にT2強調画像/FLAIR画像で高信号、T1強調画像で等信号の所見を認め、炎症産物の貯留を疑う。

【検査実施内容】※表記は全て税込価格です。

・MRI検査(1部位) 88,000円
・MRI追加検査(1部位,20kg未満) 13,200円
・MRI造影検査(1部位,10kg未満) 7,700円
・酸素室(10kg未満)  2,200円

111,100円(税込)

【検査画像】

矢状断像 頭部   T2強調画像

横断像 側脳室   T2強調画像

矢状断像 頚胸部   T2強調画像

矢状断像 胸腰部   T2強調画像

C2-3    T2強調画像

C2-3    造影後T1強調画像

C2椎体中央    造影後T1強調画像

T13-L1    T2強調画像

T13-L1 椎間尾側    T2強調画像

T13-L1 椎間尾側    造影後T1強調画像