会員ログイン

門脈シャント

※検査を受ける施設・検査内容・オプション・ペットの体重などにより料金は変動します。詳しくは、各施設でご確認ください。

  • CT

ミックス・キャット 未避妊雌・1歳・2.15kg

【主訴】

保護猫(1週間)。保護時発作症状が見られた。

【所見】

腹部CT検査では、左胃静脈-横隔静脈シャント【緑矢頭】を認める。
脾静脈より吻側に走行する左胃静脈は拡大しながら横隔膜付近まで連続し、左側から後大静脈へ連続する横隔静脈と短絡している。短絡血管の最大径は約7.4mmである。肝臓内へ続く門脈/門脈枝は非常に細く、不明瞭である。肝門部レベルの大血管径には差があり、大動脈:2.6・後大静 脈:6.1・門脈:1.1mmである。左胃静脈には解剖学的に右胃静脈の流入が認められ、本症例では胆嚢頚部レベルである【橙矢頭】。シャント血管より尾側の門脈系も通常よりやや明瞭であり、門脈高血圧の可能性が示唆される。現時点では明らかな二 次性シャント、腹水貯留を認められない。腎臓および膀胱内に結石を疑う所見は認められない。腎静脈は左右2本ずつ確認される。腎構造は通常に見受けられる。結腸は全域にわたり拡張傾向であり、弛緩しているように見受けられる。前腸間膜リンパ節に明らかな腫大は認められない。右卵巣に嚢胞性所見を1つみとめ、左右子宮は拡大し、内部に液体貯留を疑う所見を認める(発情周周期と併せた評価が必要である)。

【検査実施内容】※表記は全て税込価格です。

・CT検査(1部位、10kg未満) 44,000円
・CT追加検査(1回まで) 17,600円
・CT追加検査(2回以降)×2回(@8,000円) 17,600円
・CT造影検査(10kg未満) 24,200円
・点滴処置(20kg未満) 1,100円
・酸素室(10kg未満) 2,200円

106,700円(税込)

【検査画像】

左側観    3D画像

腹側観    3D画像

背断像   造影後 門脈相

横断像   造影後 門脈相

背断像   造影後 門脈相

背断像   造影後 門脈相

横断像   軟部組織条件 造影前

背断像   軟部組織条件 造影前

背断像   造影後 門脈相

背断像   造影後 門脈相