会員ログイン

嘔吐から始まった慢性発咳

※検査を受ける施設・検査内容・オプション・ペットの体重などにより料金は変動します。詳しくは、各施設でご確認ください。

  • CT

キャバリア 去勢雄・1歳10ヶ月・体重7kg

●キャバリア・K・C・スパニエル
●1歳10ヶ月、去勢雄
●体重:7.0kg
●体温:39.4℃、心拍180回/分(雑音なし、リズム正常)
●既往歴:なし
●血液検査異常
 白血球↑:201×102/μl
 CRP↑:5.0mg/dl


□□□□ 臨床経過 □□□□

==1病日==
原因不明の急性嘔吐、胸部レントゲンに特異所見なし
嘔吐症状が強いので入院

==3病日==
発咳
胸部レントゲンにて、肺野左前葉後部の肺胞パターン
誤嚥性肺炎を疑い加療

==4〜40病日==
症状およびレントゲン像の良化と増悪を繰り返す
一時的なステロイドや抗生物質追加など

==41病日==
CT検査

==50病日==
肺葉摘出術

□□□□ 所見 □□□□




●肺野/左後葉の腹側領域に境界明瞭なコンソリデーションを認める。
 病変は後葉気管支/腹側区域気管支領域であり、同気管支内には線状の高吸収所見【赤矢頭】と泡沫状の内容物を認める。
 気管支は内容物により拡張するが、連続性は確認される。

●一部胸膜(胸壁)との癒着の可能性
・肺野/右前葉(背側)の一部に限局的なすりガラス陰影
・肺野/左前葉前部にもわずかな線状影
・中央および左側気管気管支リンパ節は9~10mmに腫大している

※コンソリデーションとは
血管が見えなくなるほど肺野が白くなった時に用いるCT用語


□□□□ 結果/診断 □□□□

【手術結果】
後葉気管支に杉の葉の様な植物が3本入っていた。
細菌感染も起こしており、胸膜癒着もあった。

【診断】
気管支内異物に伴う化膿性肺炎


【担当者コメント】
始まりは嘔吐でした。
しかも、詰まった場所は後葉…
なぜこんなに飲み込んだ?
非常に不思議な症例が日々来院されます。
迷った時はご相談ください。
お力になれる様、日々精進します。

【検査実施内容】※表記は全て税込価格です。

※以下の金額は【キャミックひがし東京】で検査を受けた場合の検査料金です。
 検査を受ける施設・検査内容・オプション・ペットの体重などにより料金は変動します。
 詳しくは、各施設でご確認ください。
 
・CT検査(1 部位、10kg 未満) 44,000円
・CT検査(追加撮影 1回撮影まで) 17,600円
・CT検査(追加撮影 2回撮影以降) 8,800円
・CT造影検査(10kg 未満) 24,200円
・採材 2,200円
・点滴処置(20kg 未満) 1,100円
・酸素室10kg 未満(60 分) 2,200円

100,100円(税込)

【検査画像】

【レントゲン画像】

【レントゲン画像】

【CT画像】

【CT画像】

【CT画像】

【CT画像】

【CT画像】

【参考画像】切除肺

【参考画像】杉の葉