会員ログイン

療コラム

MRI/CT検査・画像診断に関して、日常の診察や検査ご予約時にお役立ていただける医療情報をお届けします。

CT基礎知識〜CT値〜

執筆:キャミック練馬センター長 大西 ゆみ(獣医師)

CTの基礎知識

先月は、基礎的な用語説明をしました。
今月は、“CT値”について、もう少し詳しくお話しします。

先月「CT値とは水を0、空気を-1000とし、X線吸収率を数値化したもの」と説明しました。実際の臓器ではどうなのでしょうか?

CT値とは

それぞれの臓器は、正常ではだいたい決まったCT値を呈します(表)。

骨皮質は1,000HU前後、肺(吸気)は-900HU前後、多くの軟部組織(実質臓器や管腔臓器の壁)や血管内は30〜60HU、肝臓や脾臓はやや高くて50〜70HU、脂肪組織はかなり低くて-120〜-130HUといった具合です。甲状腺は特殊で、内部にヨードを含むため、正常で100〜120HUほどの高いCT値を示します。

CT値が正常と大きく異なっていれば、病的変化を疑います。例えば、肝臓のCT値がびまん性に低値(CT値40HU以下)を呈すると、脂肪肝の可能性があります。肝臓の中に周囲の実質と異なるCT値の腫瘤性病変があったとして、そのCT値が30〜70HUくらいなら充実性(軟部組織陰影すなわち腫瘍や過形成等)、CT値が水に近い10〜20HUほどの場合は嚢胞(液体貯留)を疑います。

胆嚢/胆管や腎盂/尿管/膀胱内の結石は、X線写真同様に不透過性の粒状影(CT値は100HU以上)ですが、CT検査ではより小さいものが、より正確な位置で把握できます。

もちろん、CT値だけでは判断できません。正常な臓器では、形が整っていて、辺縁がスムーズであり、CT値が均一である、というのも大事な特徴ですので、病変の形や拡がり、数、CT値のむら(不均一さ)等も合わせて考えます。

そして、CT検査で大きな威力を発揮するのが、造影剤投与後の変化ですが、今後のコラムにバトンタッチいたします。