会員ログイン

査症例・金目安

当施設で検査を行った実例と料金目安をご確認いただけます。
※検査を受ける施設・検査内容・オプション・ペットの体重などにより料金は変動します。
詳しくは、各施設でご確認ください。

鼻腔内腫瘍

雑種猫 去勢雄・11歳・体重6.2kg

【鼻腔内腫瘍】
鼻汁や鼻出血などで頭部CT検査をご依頼いただく症例は比較的多く、毎年犬猫併せて200件以上来場されます。

鼻腔内には鼻汁などの炎症産物と腫瘍が混在している症例も多く、質的診断にはMRIがより優れてはいますが造影剤を使用すればCTでも十分評価可能です。

また、CTでは骨や歯の状態も確認出来ますし、MRIと比較して麻酔時間も短いので、造影CT検査と採材を併せて行うケースがほとんどです。

元々FCR/FVRなどの“ネコカゼ”持ちのネコちゃんは発見が遅れがちな印象です。


今回、明らかな出血が見られず、外貌変化も見られなかった症例で、慢性の鼻汁が治らないという症状のみでCT検査を行い、腫瘍が見つかった症例をご紹介いたします。