会員ログイン

査症例・金目安

当施設で検査を行った実例と料金目安をご確認いただけます。
※検査を受ける施設・検査内容・オプション・ペットの体重などにより料金は変動します。
詳しくは、各施設でご確認ください。

神経鞘腫

チワワ 7歳 避妊雌 2.5kg

□□□ 主訴 □□□
1年くらい前から右前肢の動きが悪い。MRI検査1週間ほど前から歩行困難。

□□□ 神経学検査 □□□
右前肢の姿勢反応低下〜消失(右後肢も一部低下)

FIP

ラグドール 8ヶ月齢 未避妊雌 2.1kg

□□□ 主訴 □□□
1週間前からジャンプに失敗する・転ぶ・ふらつきなどの運動失調。

□□□ 神経学検査 □□□
姿勢    正常
姿勢反応  正常
脊髄反射  正常

SRMA(ステロイド反応性髄膜炎・動脈炎)

イタリアン・グレーハウンド 6ヶ月齢 未去勢雄 6.5kg

□□□ 主訴 □□□
10日前からどこか痛がって元気がない様子があり、四肢不全麻痺へ進行。NSAIDSに対する治療反応に乏しい。発熱あり。

□□□ 神経学検査 □□□
姿勢   横臥
姿勢反応 四肢で消失
脊髄反射 正常

  • MRI
  • CT
  • MRI/CTセット
腰部脊髄梗塞

甲斐犬 未去勢雄 8歳 17.6kg

□□□□ 主訴 □□□□
突然鳴いた後から両後肢不全麻痺となった。

□□□□ 神経学検査□□□□
姿勢:座位
歩様:両後肢不全麻痺
姿勢反応:両側後肢低下〜消失(左右差なし)
脊髄反射:両側膝蓋腱反射 正常〜亢進  両側後肢引っ込め反射 消失〜低下
→脊髄第3分節および第4分節の病変が疑われた。

頚部脊髄梗塞

雑種猫 去勢雄 11歳 5.44kg

□□□□ 主訴 □□□□
1週間前、急性の左前肢不全麻痺となり、左片側不全麻痺となった。同日夕方から四肢の不全麻痺へと進行し、排尿障害を呈するようになった。

□□□□ 神経学検査□□□□
姿勢:横臥
歩様:四肢不全麻痺
姿勢反応:四肢低下(特に左側で顕著)
脊髄反射:左橈側手根伸筋反射 低下
→意識状態および脳神経検査にて異常がないことから脊髄第1分節および第2分節の病変が疑われた。

水和髄核逸脱

イタリアン・グレーハウンド 7歳 去勢雄 6.0kg

□□□□ 主訴 □□□□
急性の四肢不全麻痺

□□□□ 神経学検査□□□□
姿勢   腹臥
姿勢反応 四肢の固有位置感覚の消失 
脊髄反射 前肢は正常にみられ、後肢は亢進して認められた